法人の借入で即日OKの方法は?即日融資を受ける条件と特徴

法人が借入を即日可能にする即日融資の手段は存在しますので、その手段を知っていることで資金難の際には重宝します。

ただし、借入を即日実現させるのは金利が高くなりがちなのは注意が必要です。また、審査が必要な手段もあり、その点は難点と言えます。

審査が通らなければ資金繰りに行き詰る可能性も出てきますので、即日借入のほか、数日以内の短期借入など複数の手段を視野に入れ、複合的に考えることも大切です。

◆法人でも即日借入が可能な手段とは

法人が借入を即日実行できる手段として利用されているのは、ビジネスローンやファクタリングになります。

銀行からの借入や、不動産を担保とした借入は審査に時間がかかりますので即日借入は現実的に不可能です。審査に日数がかかる場合は審査が終わるまで待つ間に支払いをどうするかが重要になるため、時間に猶予がない場合は使えないため日数に余裕がある場合に限られます。

◆法人が借入を即日実現するのに大事な点

法人が借入を即日行いたい場合、審査のスピードと借入ができる金額の大きさが重要になります。

経営者個人のクレジットカードなどを利用して、一時的に資金を埋め合わせること自体は可能です。ただし、限度額が限られることと金利の高さがネックになることが多くなります。

法人での支払いとなれば数百万円単位になることも珍しくないからこそ、法人向けのローンや資金調達方法を検討した方が現実的です。

・法人の即日借入でビジネスローン

手軽な借入手段として挙げられるのがビジネスローンで、様々な企業から事業主や法人向けのカードが発行されています。

審査が即日終わるカードも存在し、その日のうちにある程度まとまった金額が調達できるケースもあります。

金額が大きければ大きいほど金利は下がるため、早めに返済をすれば利息も少なくて済む場合もあります。

・法人の即日借入でファクタリング

ファクタリングは売掛金を債権化し、売却や譲渡契約を結ぶことでファクタリング会社からお金を受け取る手法です。

手法によっては即日現金化も可能なため、中小企業で利用されることが多い資金調達方法になります。

即日融資が可能なのは二者間ファクタリングで、売掛債権を売却し、ファクタリング会社が売掛金の回収を代行することで成り立ちます。

◆法人が借入を即日行う場合の注意点

法人が借入を即日行う場合に注意したいのは、すでに多額の借入をしている場合は融資が難しくなる点です。

赤字でも発行できる法人向けカードローンも存在しますが、限度額が低くなるなど目標額に届かない可能性も念頭において資金調達を考えなければいけません。

◆法人が借入を即日行う場合のデメリット

ビジネスローンやファクタリングにもデメリットが存在します。それが金利や手数料の高さです。

ビジネスローンやファクタリングは、ある程度貸し倒れや資金の焦げ付きのリスクを織り込み、それぞれ金利や手数料を設定しています。

一般的に審査に時間がかかるほど貸し倒れなどのリスクが少なく、金利は下がる傾向にあります。

即日借入の場合は金利や手数料が割高になるため、短期的に見ても長期的に見てもマイナスになるケースがあるのです。

・ビジネスローンのデメリット

ビジネスローンのデメリットになるのが審査の時間と限度額です。金額が大きければ審査に時間がかかるリスクが高まります。また、借入をすれば負債が増えるため、他の融資や取引に影響を与える可能性もあります。

負債を圧縮してからでなければ銀行からの借入が難しくなるなど、問題化する可能性もあるのです。また、返済が長引けばそれだけ利息の負担が重くなります。

・ファクタリングのデメリット

ファクタリングは負債は増えませんが、将来の売掛金を現金化するため、将来的な収入が減ることになります。また、支払いは一括で行われることが多く、ビジネスローンのように早めに返済して利息を圧縮するということが不可能になります。

まとまった金額を早期に確保できる可能性がありますが、手数料を節約することが難しいと言えます。

また、審査が全くないわけではなく、売掛金の回収の見込みがどの程度あるのか、取引先の経営状態などがチェックされる場合があります。

不正防止のために自社の決算書の写しなどを用意するなど、事務的な負担が発生するケースもありますので覚えておきましょう。

◆法人で借入を即日行う場合の確認事項

法人で即日借入を行うためには、即日借入が可能な金融機関やファクタリング会社に申し込むこと、書類をそろえることが前提になります。

法人向けの融資の場合は決算書の写しなどの書類が必要になるケースが多く、情報が詳細であるほど審査が通りやすくなります。

借入書類の種類によっては手続き自体が進まなくなる可能性もあるため、借入を即日行いたい場合は特にどのような書類が必要になるか事前に確認する必要があります。

会計基準などの不統一や、書類の不備があればそれだけ審査にマイナスになるため、書式をそろえることなども重要になってきます。

同じビジネスローンであっても、申し込み企業やプランによって印鑑証明の要不要がわかれます。混同しないように注意が必要です。

◆法人え借入を即日行いたい場合にチェックしたい点

法人向けの即日融資を実施している企業も存在し、資金難の企業にとって助けとなるケースがあります。

しかし、それぞれの融資方法にメリットとデメリットがあるため、借入を即日行いたい場合はそれぞれの特性を把握することが重要です。

必要な書類が揃わなければ手続きが止まりかねませんので、決算書の管理など、日ごろからの備えが大切になるのです。

 

↓資金調達の方法いろいろ・参考サイトはこちら↓

資金調達の方法