ファクタリングでの資金調達

ファクタリングによる資金調達は欧米では一般的に行われていますが、日本ではあまり行われていないのが現状です。しかし、中小企業庁は中小企業の資金調達の方法としてファクタリングを推奨しており、利用する経営者が増加しています。

中小企業庁が推奨している理由

経済産業省中小企業庁では売掛債権の利用促進に取り組んでおり、売掛債権の利用促進は国の施策として行われています。中小企業庁が売掛債権の利用促進に取り組んでいる理由は、中小企業が不動産担保に過度に依存せず、資金の調達を容易にできる環境を構築しているためです。日本の企業の多くは銀行融資で運転資金などを調達していますが、銀行融資を受けるためには不動産を担保に供することが必要になります。よって、不動産がないと資金を調達することができないため、これが中小企業の資金繰りの悪化を招いています。中小企業庁では、このような現状を変えるために、売掛債権の利用促進に取り組んでいるわけです。

売掛債権の利用促進と中小企業の資金調達

中小企業庁が推奨している売掛債権の利用促進の一例として、ファクタリングによる資金調達があります。売掛債権は支払期日が到来しないと現金化することができませんが、ファクタリングを利用すると売掛債権を買い取ってもらえますので、売掛債権をすぐに現金にできます。この方法だと不動産を担保に供する必要がないため、手持ちの不動産がなくても資金の調達が可能になります。商工ローンなどのビジネスローンだと不動産を担保にしなくても資金の調達が可能ですが、銀行融資や公的融資と比べると高金利であり、中小企業にとってビジネスローンの高金利は大きな負担です。これに対してファクタリングは融資ではありませんので、金利の負担をせずに資金を調達することが可能です。

ファクタリングによる資金調達の利点

ファクタリングで資金調達をすると、金利の負担が無くなるだけでなく、迅速に資金を調達することができます。最短で申し込んだ当日に現金が受け取れるため、資金需要が逼迫している時などは大変役立ちます。銀行融資のように申し込んでから現金を受け取れるまで1ヶ月以上もかからず、最短即日で現金化できることはファクタリングの大きな魅力です。

最後に

このように、中小企業庁も利用を推奨しているファクタリングは中小企業の資金調達に大きく貢献し、中小企業の資金調達の悩みを解決してくれます。ファクタリングは欧米では日常的に行われている資金調達の方法ですので、今後は日本でもポピュラーな資金調達の方法として普及が進むと考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です