ファクタリングでの売掛金の買取金額

ファクタリングでは売掛金を買い取ってもらうことで現金化が図れますが、買取金額は売掛債権の信用力やファクタリング会社によって違いがあります。

また、二社間取引と三社間取引でも違ってきますので、ファクタリングの仕組みについて知っておくことが大事になってきます。

売掛債権の信用力と買取金額

売掛金の買取金額は売掛債権の信用力に比例して大きくなります。よって、売掛債権の信用力が高いほど買取金額も高くなりますので、一部上場企業の売掛債権だと有利な条件で買い取ってもらえます。

実際の買取金額は審査を行ってみないことにはわかりませんが、三社間取引だと売掛債権の額面金額から1%から5%程度の手数料を差し引いた金額になることが多いです。

売掛債権の信用力が高くなるほど高値で買い取ってもらえる理由は、焦げ付きのリスクが少なく、支払期日が到来すれば確実に支払ってもらえるからです。

一方、売掛先企業の信用力が低い場合は焦げ付きのリスクが増大するため、リスク回避のために手数料が高くなります。

ファクタリング会社による買取金額の違い

日本では中小企業庁が売掛債権の利用促進を奨励していることもあり、ファクタリング会社が増えています。

会社が増えると競争の原理が働いてサービス内容が向上するため、以前よりも有利な条件で売掛債権を買い取ってもらえるようになっています。

しかし、法外な手数料を要求する悪徳会社も残念ながら存在するため、利用の際は注意をすることが必要です。

有利な条件で売掛債権を買い取ってもらうためには、信用できる会社を選ぶことが重要なポイントです。

会社の信用を調べるには実際に利用した人の感想や口コミが参考になりますので、利用者からの評判が良い信頼できる会社を選ぶようにしましょう。

二社間取引と三社間取引による買取金額の違い

ファクタリングの取引形態には二社間取引と三社間取引があり、三社間ファクタリングの方が手数料が安いです。

三社間取引の手数料の相場は売掛債権の額面金額の1%から5%ですので、とても有利な条件で売掛金の現金化が可能になります。

一方、二社間取引の手数料の相場は10%から30%ですので、三社間取引と比べると圧倒的に不利です。

しかし、二社間取引だと売掛先企業に知られることなく売掛金の現金化が図れるため、買取金額が安くなっても二社間ファクタリングを利用するケースが多いです。

最後に

このように、ファクタリングでの売掛金の買取金額は信用力や取引形態によって違ってくるため、しっかりと検討したうえで利用することが大切です。

資金繰りに余裕がある時にファクタリングによる資金調達の勉強をしておくと、資金繰りが悪化した時の備えになります。

買取金額を高めるには会社選びが大事になってくるため、どのような会社があるのかを事前に調べておき、時間があれば担当者と会って話を聞いてみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です