事業資金の借入金額の目安はどれ位が良いか

事業資金を調達する為に、業者から借入をする事はよくあります。ビジネスローンなども、よく活用されているのです。

しかし問題は、その事業所から借りる金額です。具体的に何円程度で借りるべきなのか、悩んでしまう事もあるでしょう。基本的には、月商が1つの目安になります。

事業資金をどれ位借りるか

事業資金は、資本金の調達などを目的にされる事があります。ほとんどの企業のサイトを確認してみると、資本金などが明記されているでしょう。

そのお金は、全てを自己資金で調達している訳でもありません。

銀行から借りて、お金を調達しているケースも多々あるのです。

例えば資本金が1,000万円と明示されているとします。1,000万円全てが自己資金なのではなく、銀行から800万ほど融資を受けているケースもあるのです。

ただ借入額は、ある程度は調整する事もできます。上記は800万の例ですが、600万などで融資を受ける事も可能なのです。

実際に申し込みをする時には、どれ位に金額にするか迷う事もあるでしょう。

売上に対して大きすぎる金額で借りるのは禁物

具体的に何円程度借りるべきかは、毎月の売上などに左右される傾向があります。

少なくとも返済が難しい金額で借りるべきではありません。とても極端な例ですが、毎月の売り上げが100万程度だとして、借入れの金額が1億だとします。

100万程度の売上であるにもかかわらず、それを返済するのは、どう考えても困難です。ですから1億円を借りるのは、やはり無理があります。

そうではなく、自社の売上でも無理のない金額を目安にするのが望ましいでしょう。

毎月100万の売上で、300万程度の融資を受けるなら、ある程度は問題ないと見込めます。

月商を3倍から4倍ぐらいが適切

基本的には、月商の3倍から4倍程度が問題ない数字であると見込めるのです。

上記の300万という数字も、100万円の売り上げを元にして、算出されています。したがって月商が500万程度の売上でしたら、銀行から借りる金額の目安は、1,500万から2,000万ぐらいになります。

ただし毎月に生じる売上の数字も、個々の会社によって異なるのも事実です。

ですから何円で借りるのが望ましいかは、会社の数字次第とも言えます。なお金融に関する専門家の方々は、借りる金額の目安に関してアドバイスをしてくれる事もあります。

ですから何円程度で借りるかを知りたい時には、相談してみるのも一法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です