【業績悪化…】キャッシュフロー計算書から見えるモノとは何か?

ウソがつけない「キャッシュフロー計算書」を見れば会社のお金の流れが一目瞭然。
会社の資金繰りは好調なのか、危機的状況なのかをしっかりと見極めましょう。
どんなに高級なオフィスビルに入っていても、下町のこぢんまりとした会社の方が業績好調ということもあります。
自分の会社は大丈夫・あの会社は業績良さそうと楽観的に見るのではなく、キャッシュフロー計算書から業績悪化していないか判断しましょう。

【そもそもキャッシュフロー計算書ってなに?】

キャッシュフロー計算書(C/F)には、どのようなことでお金が入ってきたのか・どのようなことでお金が出ていったのか「会社の1年間のお金の流れ」を表した表です。
「営業活動によるキャッシュフロー」「投資活動によるキャッシュフロー」「財務活動によるキャッシュフロー」という3つの区分で通常は作成され、3つの合計金額がプラスになれば、「1年間で増えたお金」を意味します。
逆にマイナスの場合は「1年間で減ったお金」を意味するため、より詳細で具体的なお金の流れはキャッシュフロー計算書でなければ判別できないぐらい重要な決算書なのです。

【実は業績悪化しているかもしれない…】

会社にとって売り上げは大事ですが、「売上至上主義」であることはとても危険です。
利益も大事ですが、会社にキャッシュ(お金)がなくては経営を続けていくことは不可能ですよね。
仮に利益が沢山あったとしても、「売上代金が回収できていない」「借金の返済金額が多い」などが原因でお金が足りない!という状況になれば倒産寸前に追い込まれます。
最悪の場合、利益はあるが現金が会社に足りず「黒字倒産」ということにも。
しかし、損益計算書や貸借対照表では経営が悪化しているのかを見抜くことは困難ですが、キャッシュフロー計算書では見抜くことが可能なのです。

【会社のお金の流れを知ろう】

 

営業活動によるキャッシュフロー

キャッシュフロー計算書で初めに記載される営業キャッシュフローは「営業活動によるキャッシュフロー」で、商品を売ったことでいくらのお金が会社に入ってきて、商品を購入したことでいくらのお金が会社から出ていったのか、会社の家賃・給料の支払いでお金がいくら出ていったかといった項目を記載します。
会社の本業によるお金の出入りを意味し、最も重要な区分になります。
会社本来の商売でいくら現金が入り、最終的にいくら残ったかを示すため、お金を生み出す力が強い良い会社の第一条件となり、この区分はプラスであるべきです。
もちろん、会社を始めたばかりや業務形態を大きく変更した時期1~2年はマイナスでも問題ありませんが、何年も営業キャッシュフローがマイナスな場合は将来的に資金調達が困難になり、会社経営が悪化し倒産する可能性が高まります。

投資活動によるキャッシュフロー

次いで投資キャッシュフローは「投資活動によるキャッシュフロー」で、会社の資金に余裕がある場合は株を購入する・お金を貸し利息で儲ける・固定資産に投資し業務拡大を図るなどの「資金運用上でお金が出入りする」ことが多々あり、そこで生じたお金の出入りが記載されます。
工場や機械・設備など自分の会社への投資と株式投資による有効な資金運用のことを示し、一見会社からお金が出て行っていますが、会社が常に成長していくためには同じ商品を開発し消費者を飽きさせる・老朽化した機械を使い故障を繰り返すことによりコストパフォーマンスが低くなることは会社にとっては避けたいことでもあります。
そのための設備投資はとても重要であり、投資キャッシュフローはマイナスであるべきなのです。
プラスの場合は資金調達のために資産売却により資金調達した可能性もあり、しっかりと分析し経営が悪化していないかを読み取る必要性があります。

財務活動によるキャッシュフロー

3番目に財務キャッシュフローで、「財務活動によるキャッシュフロー」を意味します。
会社が資金不足に陥った時は銀行などから資金を借り入れます。
銀行から借り入れたお金でどのくらい資金が増え、銀行にお金を返済し資金がいくら減ったかなどを記載します。
業務拡大により借り入れが増え借金が増えている場合は財務キャッシュフローがプラスでも悪いことではありません。
そのため、どのような用途でお金が流れているのかを読み取ることが大事になってきます。
マイナスの場合は一般的には良い状況なのですが、営業キャッシュフローが投資活動ではなく財務キャッシュフローに充てられている場合は、借金返済に追われている可能性もなきにしもあらず。

これら3つのキャッシュフロー計算書から「現金を生み出す力」「財務活動の変化」「投資」「返済能力の有無」を読み取ることができます。

【期末の現金はいくらあるのか?】

3つのキャッシュフローの合計金額に1年の始めにあった現金の金額を足した「期末の現金」が記載されます。
「現金及び現金同等物の期末残高」となり、この項目を見れば1年の終わり時点で会社に残る現金を確認することが可能です。
会社のお金には、現金同等物と呼ばれる「簡単に換金でき価格変動の少ない投資」のことを言い、期間が3か月以内であることが目安です。
※3か月満期のスーパー定期・公社債投資信託など

【最後に】

損益計算書や貸借対照表も本当はいけませんが、在庫金額をごまかす・次年度売り上げを今年度に計上するなどができます。
しかし、現金の出入りは客観的で素人が見てもわかりやすいもので、信頼性が高い決算書です。
そのため、自分の会社のお金の流れはどこが問題なのか一目瞭然といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です