資金繰りが苦しい際にすべきこととは何なのか

資金繰りが苦しい際にはどのようなことをすればいいのか意外と知られていないようです。そのような状況下では、何を優先するのかについても考えなくてはなりません。
資金繰りが苦しい時の改善方法についてまとめましたので参考にして頂ければと思います。

資金繰りが苦しいときにすべきこととは

資金繰りが苦しいときにどのような方法が考えられるかというと、諸々の手段が思いつくものですが、そのうち最も思考を必要としないものが破産となります。しかし、そのような極端な手段を用いずとも、苦しい資金繰りから脱出するための適切な方法がありますので、正しい選択をしましょう。

破産に次いで容易な方法とは融資です。当初にあたるべきところが銀行や信用組合、それに加えて国民生活金融公庫です。それらで難しい場合は商工ローンや消費者金融などで応急措置として対策を考えます。商工ローンや消費者金融などの場合は一時的な融資として考えましょう。

ただ、融資の場合でも、最初から積極的に経営者が対処すべきものとはいえません。むしろやむを得ず選択する方法として考えましょう。なぜなら融資で金策をした場合でも資金繰りが苦しい状況は根本的に解決できないからです。

なお、融資を受けなければいけない状況について、その理由を探ると、多くの場合は資金ショートの回避という状況が見えてきます。その資金ショートの要因をしっかりと把握することが大事です。

資金繰りが苦しい要因は?

会社の現金が不足する理由とは、これまでの借入に対する返済によるもの、または事業自体が赤字であるか、このうちのいずれかです。
赤字の解消については、資金繰りの観点から、売上の向上よりもコスト削減を優先するのが1つの方法です。原則として変動費か固定費、これらのいずれかから程度の大きいものを削減していきます。

そのほか、役員報酬が起因して資金繰りを逼迫させていることも考えられますが、このような場合には役員報酬を削減するのが先決です。役員報酬を削減するともなれば、決算期を契機として行わなければ、課税される余地もあるため、随時できるわけではありません。また赤字とならないような巧みな調整が必要となってきます。

資金繰りについては、キャッシュフローのメインとしては買掛金と売掛金、これらの2つに根ざして行われるわけです。資金繰りが苦しい場合には、買掛金の支払サイトを先延ばしにしてしまうことも有用です。

他方、売掛金については、前倒しにするとその分、資金繰りが良好となってきます。いずれのキャッシュフローをも改めることができれば相当な効果となり得ることでしょう。

ただ、この際には、お願いをする、頼みを訊いてもらうということですので、些末なプライドは捨てて徹底した態度を望みましょう。

また、売掛金を用いた手法として、ファクタリングやリコースファクタリングと呼ばれる売掛金担保融資などのサービスによって資金調達を実現できもします。

また、在庫に関して、一定期間不動だったものを担保にしたり、あるいは売却することで資金繰りの改善となり得る場合もあるでしょう。この際、良い機会ですから在庫などを見直してみてはいかがでしょう。

どれを優先するか

企業それぞれによって資金繰りで苦しい原因は異なります。具体的には短期間での損益計算書や長期間での貸借対照表などに照らして、自社を客観的に俯瞰することによっていかなる部分に問題があったかを把握することも不可欠なことです。

その上で、何を優先すべきかを決めていきます。従業員であるか、取引先との関係性、あるいは資金調達をしていた機関との関係性など、どれを優先するかというわけです。この際には、とにかく客観的にクールに決めていきます。

銀行融資をしている場合には、リスケジュールをしてもらうことで苦しい資金繰りを回避することもできます。リスケジュールとは銀行融資で借入をした際の返済期日を延期してもらうことです。銀行融資そのもので苦しいときにはこの手もアリですね。当然ながら、金利の低さや銀行融資を当てにしていることから銀行を必要以上に優先しようとして、先述した従業員や関係各所との関係をおろそかにしてしまっては元も子もありません。また、リスケジュールをしているにもかかわらず資金繰りが苦しい企業は枚挙に暇がないのが現実なのですよ。

最後に

以上のとおり、資金繰りが苦しいときにすべきことについて触れてきました。自己破産や融資に依拠せずとも、資金繰りを改善する方法はいくらでも存在します。融資だけではなく、売掛金や買掛金などによる方策も存在しますし、不動在庫を処分ないし売却、または担保にする方法なども顕著になってきたようです。

資金繰りで苦しいときに、まずすべきこととは、自社がどのような立ち位置にあるかを明確に把握した上で、どのようなことを優先していくか、また取捨選択していくかを入念に検討することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です